....





野生鳥獣保護のページ



アオバズク


  


5月に保護されてきた「アオバズク」です。
夏鳥として渡来してきます。青葉の頃にやってくるのでこの名が
ついています。
昆虫や小型の鳥、コウモリなどを食べるので、後者はささ身で代用しましたが、
昆虫(蛾や甲虫類)も確保もしなければなりません。
このアオバズクは羽が傷付き皮下に空気がはいっていました。
なかなか食べてくれなかったのですが、強制給餌と抗生物質の
投与で元気になり始め、自分から食べるようになったので
2週間の保護のあと無事に放鳥できました。




<<   >>